作家紹介

cloe_INT

cloe
クロエ

ポップで自由な遊び心溢れる音色と、ジャンルに捉われない楽曲アレンジ
聴いた人は、また聴かずにはいられなくなる「ココロ」が詰まった歌詞
透明感のある伸びやかなファンシーボイス
癒しの中にエッジが効いた独特な世界感を描き出すサウンドアーティスト

歌 作詞 作曲 編曲
La Boum / ラブームプロデューサー
東京(武蔵野)出身
青山学院女子短期大学 家政学科卒
武蔵野音楽大学 声楽学科卒

cloeとして活動を始めてまもなく、2006年 DMRからアナログレコード「HAOTO」をリリース。(DMR weekly chart (2006/12/11~17)2位獲得)

2007年、携帯サイトモバゲータウン内のクリエーターミュージックカテゴリーに複数曲アップし、ランキング10部門で全国1位を獲得。「Boys be ambitious」は390万回以上の視聴という当時としてはめずらしい驚異的な数字を記録。 (楽曲総視聴数は500万回以上

同年 avex×モバゲー主催のモバゲーミュージックオーディションで準グランプリ獲得。

2008年6月25日、ミニアルバム「Boys be ambitious」で日本クラウンよりメジャーデビュー。
リード曲「Boys be ambitious」が有線総合ランキング最高12位、レコ直着うたランキング最高8位獲得。

2009年 コンセプトミニアルバム「OUR 4 STORIES」リリース。(WEB販売は1週間で完売)
同年 ビクターエンタテインメントよりPetit Pallet(プチパレット)名義でフェイクボーカル&ハウスアレンジのカバーアルバム「RAINBOW」リリース。モバデパHMVウィークリーチャート1位(2009.9.7付)


2010年配信限定シングル「アンサー」リリース。(マイスペースうたフルランキング1位 )


2012年吉祥寺に女性向けのセレクトショップ 秘密の屋根裏クロゼット「La Boum/ラブーム」をオープン。
同時に自身のレーベルを中心に活動を開始、自身の楽曲の他、メジャーアーティストへの楽曲提供や仮歌参加など他アーティストの楽曲にも積極的に参加する。

(九州男、桜庭ななみ率いるbump.yなどへのコーラス、「家庭教師ヒットマンREBORN!のキャラソン「極限ファイター」(最高位オリコン8位)の作詞等。)

2014年 「弱虫ペダル」等が有名な渡辺航先生原作アニメ「まじもじるるも」(2014)の劇中歌「ミコミコストラップ」を歌唱

2015年 美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」の全国サロン内で放送されているジングルを歌唱


2015年5月15日 ファーストフルアルバム「IMAGINARY NIGHT TOURS」リリース

 

nui_INT

Märchen Nui Taro
メルヘン ヌイ タロー

作詞 作曲 編曲 BLACK AND STAR WORKS 代表  La Boum / ラブームプロデューサー

幼少時代は家にあったピアノやクラシックギター、中学高校時代はエレキギターに触れて育つ。
最初に好きになった歌は「それいけ!モンキーズ」で流れた「モンキーズのテーマ」と「デイ・ドリーム・ビリーバー」。
初めて自分でレコードを聴きだしたのは小学校3年生の時で、姉の部屋で隠れて聴いていたフランス映画「ラ・ブーム」(1982)の主題歌「愛のファンタジー」だったため当時アナログレコードはピンクのハート型だと思っていた。
初めて買ったレコードは映画「幻魔大戦」(1983)の主題歌で、ローズマリー・バトラー「光の天使(CHILDREN OF THE LIGHT)」。
学生時代によく聴いていたアルバムはThe Jamの「In the City」。小学校時代から家庭用ゲーム機はSEGA派。
中学時代はMSXで簡単なプログラミングをして遊んでいた。明治大学在学中に小学館パル編集部(ビーパル、テレパル、サウンドパル)とファッション編集部(プチセブンたまにドマーニ)の編集部アシスタントやスタイリストアシスタント、講談社のメンズ誌『ホットドッグ・プレス)』でスタイリストを経験。当時新宿伊勢丹で開催されたジャンポールゴルチエ・パトリックコックス展に展示された世界に100台、日本に1台のパトリックコックスワナビースクーターを所有、それに合うバイクファッションを求めファッションデザイナーのニックアシュレイに会いに単身で渡英したりした。
大学卒業後は俳優養成所に通い「少年H」(1999)や市村正親主演ミュージカル「スクルージ」(1999)の舞台制作アシスタントを経験、帝国劇場での東宝ミュージカル「ビギン・ザ・ビギン」(2000)にて主演の森光子演じる柳川かすみの弟役で初舞台を経験する。その後、cloeとの音楽活動を開始、自身が当時代表を務めていた自主音楽レーベルで音源を制作、2006年DMRよりアナログレコードをリリースする。
cloeの2008年のメジャーデビューではプリプロダクションプロデュースを担当、限定版コンセプトミニアルバム「OUR 4 STORIES」(2009年)、配信限定「アンサー」(2010年)をプロデュース。cloeのメジャーデビュー時のBoys以外のほとんどのMVを撮影から編集まで自身で制作。2015年、ファーストフルアルバム「IMAGINARY NIGHT TOURS」リリースに至る。